パワーポイントでアニメーション終了後にオブジェクトを消す方法

パワーポイントのアニメーションは、基本的にはオブジェクトを登場させる時や移動させる時に使います。

しかし、アニメーションが終わったらそのオブジェクトが不要になってしまうこともあると思います。

そこで、今回はアニメーションで1度登場させたオブジェクトを、アニメーションの終了後に消す方法を紹介します。

 

アニメーションの終了後にオブジェクトを消す方法

完成図

パワーポイントのアニメーション終了後にオブジェクトを消す

まずは1つ目のアニメーションで緑色のオブジェクトをスライドに表示させます。
アニメーションの終了後に1つ目のオブジェクトを消して、その場所に2つ目のアニメーションで水色のオブジェクトを登場させます。

オブジェクトをアニメーションで表示→消す→別のオブジェクトをアニメーションで表示という流れになります。

アニメーションの終了後にオブジェクトを消す

まず、アニメーションで表示させたオブジェクトを消すやり方を見ていきます。

アニメーションが設定されたパワーポイントのスライド

上の画像は、緑のオブジェクトを表示させるための1つ目のアニメーションになります。

ちなみに【アニメーションの詳細設定】から【アニメーションウィンドウ】を選択すると、上の画像のようにスライド内で設定したアニメーションの設定を詳しく見ることができるようになります。

この状態で、緑のオブジェクトをアニメーションの終了後に消すやり方を見ていきます。

アニメーションウィンドウで効果のオプションを選ぶ

アニメーションウィンドウから効果のオプションを選択する

アニメーションウィンドウを開いた状態で、消したいオブジェクトのアニメーションにカーソルを合わせて【右クリック】をしてください。

すると、アニメーションに関するメニューが出てきます。
その中にある【効果のオプション】をクリックしましょう。

 

アニメーション後の動作を設定する

すると効果のオプションを設定する画面が出てきます。
【アニメーションの後の動作】の【∨】を選択して、【アニメーションの後で非表示にする】もしくは【マウスクリック時に非表示にする】のいずれかを選びましょう。

【アニメーションの後で非表示にする】の場合は、アニメーションが終わった直後にオブジェクトが消えてしまうため、自分で消すタイミングを決めることができる【マウスクリック時に非表示にする】の方をおすすめします。

 

消したオブジェクトの上に新しいオブジェクトを置く

あとは、オブジェクトを消した後に2つ目のアニメーションで表示させる水色のオブジェクトを上に被せておけば、完成図で説明したようなアニメーション表現をすることができます。

変幻自在なアニメーションの”消す”手法

先ほど紹介したやり方は便利ですが、実はパワーポイントでは、さらに変幻自在にオブジェクトを消すアニメーションが用意されています。

アニメーションで効果のオプションを使ってオブジェクトを消す例
終了のアニメーションを使ってオブジェクトを消す例
こちらの2つのアニメーションを見比べてみてください。
1つ目は先ほど紹介した【効果のオプション】を編集する方法でオブジェクトを消す方法です。
アニメーションが終了した後に「パッ」とオブジェクトが消えているのが分かると思います。(「パッ」という擬音で伝わっていますかね?笑)
2つ目がこれから紹介するやり方で、「終了」のアニメーションという機能を使います。
終了のアニメーションを使うことによって、オブジェクトを消す時に、その消し方にアニメーション効果を加えることができるのです。

終了のアニメーションとは?

パワーポイントのアニメーション効果は大きく分けて4つに分けることができます。

パワーポイントに含まれている4種類のアニメーション

その中でも良く使う2つが「開始」と「終了」になります。

開始のアニメーションと終了のアニメーションの違い

「開始」のアニメーションはオブジェクトを表示する際のアニメーション効果を、「終了」のアニメーションはオブジェクトを非表示にする(=消す)際のアニメーション効果を表しています。

よって、先ほどは【効果のオプション】によってオブジェクトを消しましたが、この「終了」のアニメーションを使うことによって、オブジェクトを消す時にアニメーション効果をつけることができるのです。

アニメーションの追加を行う

アニメーションの追加を行う

では実際に、アニメーションで1度表示させたオブジェクトに対して「終了」のアニメーションを追加してみます。

アニメーションウィンドウからオブジェクトを選択して、【アニメーションの追加】をクリックしましょう。

 

終了のアニメーションを選択する

すると、どのアニメーションを追加するかの選択画面が出てくるため、「終了」のアニメーションから好きなものを選びましょう。
今回はスプリットを選択しました。

 

開始のアニメーションの後に終了のアニメーションを使ってオブジェクトを消す

「開始」のアニメーションでオブジェクトが出た後に、「終了」のアニメーションによってそのオブジェクトを消すことができます。

「終了」のアニメーションは、先ほど紹介した【効果のオプション】と比較してアニメーションが詳しく設定できるため、おすすめです。

パワーポイントのアニメーション機能を使いこなそう

今回はパワーポイントのアニメーションでオブジェクトを消す方法を紹介してきました。

  • 【効果のオプション】でアニメーションの終了後にオブジェクトを消すことができる
  • 【終了のアニメーション】を用いることでさらに自在にアニメーションを設定できる

この2点を覚えておきましょう。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめコンテンツ

「パワーポイントを作るのに時間がかかってしまう…」「資料の見栄えに自信がない…」

など、パワーポイントを作成する時に悩むことはありませんか?

本サイトのオリジナルテンプレートを使うと、見栄えの良いデザインの資料を簡単に作ることができます。

テンプレートに加えて、説明書&使用例もついているので、パワポがあまり得意ではない方にとっても使いやすくなっています!

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!