パワーポイントで知っておきたい、正しい色の選び方

パワーポイントの画面を開いて文字を打ち、次にあなたが直面すること。
それは、「パワーポイントの色、何を選んだらいいか分からない」ではありませんか?

パワーポイントでは計算上、なんと約1678万色の中から好きな色を使うことが可能なため、あなたが選ぶ色の組み合わせは、唯一無二の配色になるのです。

しかし、その中から毎回「色ガチャ」のような感覚で適当に選んでいたりしませんか??

色の使い方、つまり配色は、パワーポイントの雰囲気を大きく左右します。

色ガチャは成功すればいいですが、失敗すると大変なことになってしまいます。

色ガチャに運よく(?)成功した場合

正しい配色パターン

 

色ガチャに失敗してしまった場合

誤った配色パターン


どうでしょうか。

書かれている内容は全く同じです。でも、色の選び方を間違えてしまうと、せっかくのプレゼンが台無しになってしまうこともあります。

色ガチャをしてしまうのは危険。考えて色を選ぼう。

「自分にはセンスがないから…」と不安になる方もいるかもしれません。もちろん、一定のレベルを超えてくると本格的な勉強は必要です。
しかし、完全な初心者でも、正しい手順さえ踏んでいれば、少なくとも色選びで大きく失敗することはありません!

今回は皆さんと一緒に、失敗しない色選びの考え方を勉強していきます。

パワーポイントはたったの4色で作れる

パワーポイント初心者が陥りがちな最初の罠は、

「色をたくさん入れすぎてしまうこと」です。

 

色を入れすぎてしまったスライド


こういうスライドを見ると、「あっ…」と言葉を失ってしまいます
さすがにこれはやりすぎかもしれませんが(笑)
 
色を増やすとスライドが華やかになりますが、選び方や使い方に失敗すると、見ている側の不快感に繋がってしまいます。

パワーポイントはこれらの4色だけで美しくまとめられるのです。

  1. 「ベースカラー」…背景色(白)
  2. 「テキストカラー」…文字色(黒)
  3. 「メインカラー」…主役の色(水色)
  4. 「アクセントカラー」…強調の色(オレンジ)

    そう、たったの4色です。
    これに従って作ったパワーポイントがこちらになります。
     
パワーポイントに必要な4つの色

さっきのと比べても違いは一目瞭然ですね。
薄いグレーの図形があり、厳密には4色ではありませんが、これもテキストカラー(濃いグレー)を薄くして使っているので、元となる色は4色と言えます。

パワーポイントはたったの4色で美しくまとめられる。


では、これらの4色を決める方法を見ていきましょう。

 

ベースカラーは基本、「白」を選ぶ

 

ベースカラーは白が好ましい

 
ベースカラーとは、余白や背景に使われる色です。このスライドの白い部分が該当します。

ベースカラーは、文字や図形が入らない余白すべてに関係します。
この色については、配色に慣れるまでは基本的にを使いましょう。

他の色を背景にしても良いですが、その後の配色が難しくなります。

テキストカラーは「濃いグレー」にする

黒と濃いグレーの違い
続いては文字の色です。こちらは少し設定を変えて「濃いグレー」を使います。

なぜ黒ではないのかというと、純粋な黒を使った場合、背景色とのコントラストが強すぎてしまうためです。RGBをいじる必要があるので少し面倒かもしれませんが、視認性のためにもひと手間加えておきましょう。
Googleの検索エンジンで用いられるテキストカラーも、濃いグレーです。

メインカラーはパワーポイントの主役となる色

 

メインカラーの決め方

メインカラーとは、パワーポイントのスライドにおいて主役となる色です。

与える印象の大部分が決まるため、スライドで扱うテーマに結び付けた色を用いると効果的です。
例えばパワーポイントについてのプレゼンならオレンジですね。

メインカラーを決める

このメインカラーはなんでも好きな色を選べるわけではなく、2つの重要な要素に着目して決めなくてはなりません。

それは、「明度(=明るさ)」と「彩度(=鮮やかさ)」です。     

色の明度と彩度

色にはそれぞれ明度と彩度が設定されていますが、明度が高すぎると見づらくなってしまい、彩度が高すぎると刺々しい印象を与えてしまいます。

プロジェクターやモニターに繋いてプレゼンをする場合には、特に見え方に配慮しておきましょう。

また、筆者がメインカラーを決める際に良く使っているサイトを載せておきます。

それぞれの色の明度と彩度も載っているので、直観にビビっと来た好きな色を選んでみてください。

色見本、配色を提案するWEB色見本のホームページ。選んだ色をキーカラーにして色の法則から多彩な配色と出会えます。漫画配色…

アクセントカラーはメインカラーと区別する

 

アクセントカラーはメインカラーの反対の色

いよいよ最後のステップです。

アクセントカラーとは、パワーポイントの配色にアクセントを付ける際に用いる色です。
スライドで最も目立たせたい部分に使用します。上のスライドでは、オレンジの部分ですね。

色相環でアクセントカラーを見つける

アクセントカラーは、メインカラーとの相性が大事になってきます。
よって、適当に選んでもなかなかうまくいきません。

メインカラーが決まった後に、アクセントとなる色をセンス良くまとめるためには、色相環というものを使います。

色相環とは、以下のように各色の位置関係を図に表したものです。

 

色相環の使い方

 

アクセントカラーは、メインカラーに対して色相環上で反対に位置する色を使うことが一般的です。
例えば青をメインカラーにした場合、アクセントカラーには赤やオレンジを使う、といった感覚です。

こちらも、先ほどのサイトでメインカラーを選択すると、色相環に従っておすすめのアクセントカラーの候補を提示してくれるのでお勧めです。

色見本、配色を提案するWEB色見本のホームページ。選んだ色をキーカラーにして色の法則から多彩な配色と出会えます。漫画配色…

まとめ

パワーポイントは基本的に、これらの4色で構成するとまとまりが良くなります。さらに色を増やしたい場合は、テキストカラーやメインカラーを少し薄くして使うと良いでしょう。

また、今回紹介したのは、あくまで色を簡単にまとめるための基本的なやり方です。色を効果的に使ったり、スライドの雰囲気に合わせた色選びをしたりするなど、配色は本当に奥が深いです。

よりキレイに魅せるスライドづくりを目指して、挑戦してみてくださいね。

前の記事

世の中には様々な種類のフォントがありますが、どのフォントを選ぶかによって与える印象は全く違います。今回はパワーポイント(=パワポ)において超重要項目である、フォントについて見ていきましょう。「あれ、なんか文字が読みにくいな…」なんて[…]

次の記事

突然ですがみなさん、こちらに2つのグラフがあります。どちらもパワーポイント(=パワポ)で作ったのですが、違いを見てください。どちらも同じデータを使っていますが、かなり印象が違うと思いま[…]

 

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!