見やすいパワーポイントを構成する、レイアウト4か条

パワーポイント(=パワポ)は素晴らしいツールです。
スライド内であれば、文字や画像を自分の思うように配置できますよね。

しかし、自由だからこそ悩む問題があります。

それは…

「どこに何を書いたらいいか分からない!!」
「テキトーに置いてたらゴチャゴチャになった…」

そう、レイアウトです。

今回はパワーポイント初心者が最初につまずくポイントでもある、レイアウトについて解説していきます。

レイアウトはパワーポイントの神髄

例えばこの2つのパワーポイントを見てください。

パワーポイントの美しくないレイアウト
パワーポイントの理想的なレイアウト

どちらも内容や色、フォントは全く同じです。
しかし、左のスライドは図形の大きさも配置もバラバラで、とても見づらいですね。

美しいレイアウトを作るためには、意識しなくてはいけないことが4つあります。

美しいレイアウトを作るための4か条

レイアウトの基本① 揃える

まずはパワーポイントの文字・画像・図形の端を揃えることを心がけましょう。

簡単なことではありますが、パワーポイント内の情報が整理整頓されていると、それだけで見やすさは大きく向上します。

文字・画像・図形の端を揃える 

図形や文字の端が揃っていないレイアウト
図形や文字の端が揃っているレイアウト

左のスライドは図形と文字の位置がバラバラで、見づらいですよね。

右のスライドのように、見えない線を意識しながら文字や図形を配置することで、整った印象を与えることができます。

レイアウトの基本② 余白をとる

できるだけ余白を広めにとるようにしましょう。

「え!もったいない!」と思うかもしれませんが、1スライド1メッセージを基本に、スライドの余白は贅沢に使うことがパワーポイントのレイアウトを向上させるコツです。

スライドに情報を詰め込みすぎない

パワーポイントに余白が少ないレイアウト
パワーポイントの余白をしっかりとったレイアウト

例えばですが、「グラフは大きい方が見やすい!」とギリギリまで情報を詰めてしまうと、むしろ窮屈で見づらい印象を与えてしまいます。
  
むしろ、内容同士の余白を取ることで、レイアウトがスッキリと見やすくなります。

プレゼン資料ではパワーポイントを何枚使っても良いのです。

また、中央に文章を配置する場合は、上下左右に均等に余白を取ることを意識してください。

レイアウトの基本③ まとめる

関係のある情報同士は近くにまとめることを心がけましょう。

情報をグルーピングする

関連する情報が近くにないレイアウト
関連する情報が近くにあるレイアウト

例えば左のスライドだと、どの画像がどの文章と結びついているか、パッと判断することは難しいですよね。関連情報を離して配置してしまうと、聞き手に混乱を招いてしまうことがあります。

右のスライドのように情報をグループ化してまとめることで、関係性を理解しやすいスライドを作りましょう。

レイアウトの基本④ 統一する

パワーポイントのレイアウトはできるだけプレゼン内で統一しましょう。

1つのプレゼン内でレイアウトがコロコロ変わってしまうと、その都度聞き手は「次はどこに何が書いてあるんだろう?」と探すことになってしまいます。

レイアウトがスライド毎に全然違う

レイアウトに統一感のないパワーポイント

少し極端ではありますが、上のようなパワーポイントのレイアウトでは、聞き手は内容に集中できません。

レイアウトに統一感を持たせる

レイアウトの統一感を保ったパワーポイント

このようにいくつかのレイアウトパターンを作り、反復して使うことでパワーポイント全体に簡単に統一感を持たせられます。

レイアウトに一貫性を持たせ、伝えたい部分のみに意識を向けさせることができるようなパワーポイント作りを目指しましょう。

まとめ

今回はパワーポイントで美しいレイアウトを作るための4か条を紹介しました。

大切なのは、聞き手を思いやってパワーポイントを作ることです。

聞き手からはどう見えるか、どのように配置すれば見やすいかを常に意識しながら、より良いパワーポイント作りを心がけていきましょう!

前の記事

突然ですがみなさん、こちらに2つのグラフがあります。どちらもパワーポイント(=パワポ)で作ったのですが、違いを見てください。どちらも同じデータを使っていますが、かなり印象が違うと思いま[…]

次の記事

皆さんが普段から使うことが多いパワーポイントですが、その知識の中で最も重要度の高い機能がスライドマスターです。スライドマスターは使いこなせるとパワーポイント作成がこれまでの比にならないくらい快適になります!し[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!