【超簡単】パワーポイントにYouTubeなどの動画を埋め込む方法

パワーポイント(=パワポ)にYouTubeの動画や自分で保存した動画を入れてみたい!と思ったことはありませんか?

プレゼンをわかりやすくするために、スライドの中に図形や画像を挿入することはよくありますが、実はパワーポイントには動画も入れられるのです。

プレゼン中に「こちらの動画をご覧ください」とスマートに動画を流せたら便利ですよね。
本記事ではパワーポイントに動画を埋め込む方法を紹介します。

動画の埋め込み方は2種類ある

パワーポイントに動画を埋め込む方法ですが、埋め込む動画の種類によって2つに分かれます。

動画ファイルを直接埋め込む(手元に動画がある場合)

最初に紹介する方法は、動画ファイルを直接パワーポイントに入れるというものです。

ファイル内に動画データが保存されることから、再生する際にトラブルが発生しづらいやり方なので、手元に流す動画のファイルがあるのであれば、基本的にこの方法で動画を入れるのがオススメです。

ではさっそくやり方を紹介していきます!

ビデオのメニューを出す

パワーポイントで挿入タブからビデオのメニューを開く

まずは【挿入】タブを押し、【ビデオ】をクリックします。

ビデオの挿入方法を選択

パワーポイントでビデオの挿入方法を選択する

ビデオの挿入方法を二つから選択することができます。今回は【このコンピューター上のビデオ】を選んでください。

動画ファイルが挿入される

パワーポイントに動画ファイルが挿入される

あとは、挿入したい動画ファイルをフォルダから選択すれば完了です。左下の▷で再生や一時停止ができます。

動画のリンクから貼り付ける(Youtubeの動画を埋め込む場合)

次に紹介する方法は、動画のリンクをパワーポイントに貼り付けるというものです。

動画のデータをパワーポイントに保存するわけではないため、ファイルをできるだけ軽くしたい人にオススメです。
YouTubeの動画を挿入して当日に流したい場合、こちらの方法を使いましょう。

オンラインビデオを挿入する

パワーポイントでオンラインビデオを選択する

先ほど同様、【挿入】➡【ビデオ】をクリックし、今度は【オンラインビデオ】を選択してください。

挿入したい動画のURLを貼り付ける

挿入したい動画のURLを入力する

URLを入力する画面が開くので、流したい動画のURLをコピーして、入力ボックスに貼り付ければ完了です。

まとめ

このように、動画の埋め込み自体はとても簡単にできますが、実際に再生する時には意外とトラブルが起こり得ます。

問題なく再生できるか、事前にパワーポイントを投影してチェックしておくことをおすすめします。

それではまた、別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!