パワーポイントでページ番号の位置を自由に変更する方法

パワポを作るうえで、ページ番号は無くてはならない存在です。

質疑応答の際、「〇ページの○○について質問なんですが….」という感じで、聞き手が質問しやすくなるなどの様々なメリットがあります。

そんなページ番号ですが、パワーポイントのデフォルトではページ番号はスライドの右下に配置されます。

このページ番号、「右上や中央に置きたい!」なんて思ったことはありませんか?

ページ番号の位置を自由自在に動かせると、スライドデザインの幅が大きく広がります。

今回はパワーポイントでページ番号を好きな位置に動かし、すべてのスライドで統一するやり方について、紹介していきます!

ページ番号の挿入方法のおさらい

ページ番号の動かし方の前に、「そもそもページ番号ってどうやって設定するの?」というところを見ていきます。

スライドにページ番号を設定する

ヘッダー・フッターの編集画面に移動する

挿入タブでスライド番号をクリックする

【挿入】タブ→【ページ番号】を選択する。
【挿入】タブに移動すると、テキストボックスやワードアートなどの項目と並んで【ページ番号】という項目があるので、クリックしてください。

すべてのスライドにページ番号を挿入する

すべてのスライドにスライド番号を挿入する

【スライド番号】にチェックを入れて【すべてに適用】
【ページ番号】をクリックすると、【ヘッダーとフッター】という画面が開きます。
様々な設定項目が表示されますが、その中から【ページ番号】という項目を見つけて、横にあるチェックボックスをクリックしてください。
【すべてに適用】をクリックすることで、すべてのスライドにページ番号が挿入されます。
なお、ここで【すべてに適用】ではなく【適用】を押すと、選択しているスライドのみにページ番号が入ります。
これで、ページ番号の設定が完了しました。

ページ番号の位置の動かし方

いよいよ、ページ番号を動かす方法を紹介していきます。

ページ番号は普通に動かすだけじゃダメ!!

挿入したページ番号ですが、他の図形と同じような感覚で位置を動かすことが可能です。
なので、特別な操作もなくそのままページ番号をドラッグして動かせば位置の調整ができてしまいます。

「なんだ、簡単じゃん!」って思う方もいるかもしれません。

しかし、このやり方だと致命的な問題が発生します。

この位置調整のやり方だと、実際にページ番号を動かしたスライドにしか反映されません。
右上にページ番号を動かしたとしても、新しいスライドではページ番号は元の右下の位置のままとなります。

そのため、このやり方でページ番号の位置を統一するには、

 

・新しいスライドのページ番号の位置を再度動かす。

・新しいスライドのページ番号を消して、動かした後のページ番号をコピペする。

 

このどちらかの作業を繰り返す必要が出てきます。

新しいスライドに移る度にページ番号を動かす方法だと、ページ番号の位置が定まらずガクガクしたパワポになってしまいますし、ひたすらページ番号をコピペするのも非常に手間がかかります。
また、後で「ページ番号の位置、やっぱりここに動かしたい!」となったとき、もう一度地獄を見る羽目になります。

パワポ作成の手間を減らすためにも、ページ番号の位置をまとめて変更したいものです。

というわけでここからは、ページ番号の位置を動かす&全てのスライド位置を統一するやり方を紹介します!

 

ページ番号の位置調整のやり方

では、正しいページ番号の位置調整の仕方を見ていきましょう。

スライドマスターを開く

パワーポイントでスライドマスターを開く

【表示】タブ→【スライドマスター】を選択する。
まず【表示】タブに移動して、【スライドマスター】を選択します。

編集するスライドマスターを選択する

スライドマスターでマスタースライドを選択する
左側に表示されるスライドのようなもののうち、一番上に表示されているものを選択する。
左側に並んでいるスライドのようなもののうち、一番上にあるものが「スライドマスター」と呼ばれるものです。
その下に連なっているのが「レイアウト」になります。
おそらく、スライドマスター画面に移動すると「レイアウト」を選択した状態になってしまっています。
このままページ番号の位置を移動させても、そのレイアウトを使用しているスライドにしか位置変更が反映されません。
左側の二番目以降に表示される「レイアウト」ではなく、一番上の「スライドマスター」を選択しているかに注意してください。

ページ番号の位置を調整する

ページ番号の位置を調整する
右下の【#】と書かれたテキストボックスを好きな位置に動かす。

右下にある【#】と書かれたテキストボックスは、ページ番号を表しています。

これを動かすことで、すべてのスライドのページ番号の位置を変更することが可能です。

なお、ページ番号の数字の大きさやフォントを変更したい場合も、この画面で【#】のフォントや大きさを編集すれば、ページ番号に反映させることができます。

 

スライドマスターを終了する

スライドマスターを閉じる

【スライドマスター】タブ→【マスター表示を閉じる】を選択する。
ページ番号の位置を動かしたら、【スライドマスター】タブの【マスター表示を閉じる】をクリックしてください。
スライドマスター画面から、元のスライドの編集画面に戻ることができます。
これで、ページ番号の位置の調整が完了しました。
すべてのスライドを確認して、動かした位置にページ番号が統一されていれば成功です。

まとめ

以上、ページ番号の位置を好きなところに動かす方法について紹介しました。

当然、ページ番号をきちんと見やすい位置に置く必要はあるものの、スライドのレイアウトでできることがグッと広くなります。

特に意識することなくページ番号を右下に置いている方も、たまにはいつもと違う位置に置いてみるのも新鮮で良いかもしれません。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!