パワーポイントでファイルにパスワードを設定、解除する方法

パワーポイントのファイルにはパスワードを設定することができます。

しかし、パスワードの設定では複雑な操作や用語が出てくるため、戸惑った方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はパワーポイントのファイルでパスワードを設定・解除する方法を紹介していきます。

※ExcelやWordでも基本的な操作は同じになります。

 

パワーポイントはパスワードを設定することができる

パワーポイントでパスワードの設定が必要なタイミング

パワーポイントで作成したプレゼンテーションは、パスワードを設定して保護することがあります。

社外秘のプレゼン資料や他の人に編集されたくないパワーポイントがある場合は、自分のフォルダ内に入っていてもパスワードを設定しておいた方が無難でしょう。

また、後述しますがパスワードには複数のかけ方があり、パスワードを知らないとそもそも開けないようにすることもできれば、開くところまではパスワードは必要なく、編集時にのみパスワードを要求することもできます。

書き込みパスワードと読み取りパスワードを使い分ける

パスワードには書き込みパスワード読み取りパスワードが存在しており、それぞれ設定をすることができます。

  • 書き込みパスワード→パワーポイントの編集する時に必要なパスワード
  • 読み取りパスワード→パワーポイントを開く時に必要なパスワード

よって、パスワードを知っている人だけ閲覧・編集できるようにしたい!という場合には書き込みパスワードと読み取りパスワードを、誰でも見れるようにしていいけど、編集はパスワードを知っている人に限定したい!という場合には書き込みパスワードだけを設定する必要があります。

つまり、自分のパワーポイントファイルをどのように保護したいかでパスワードの設定を変えなくてはいけません。

パワーポイントでパスワードを設定する方法

パワーポイントにパスワードをかけるやり方は大きく分けて2つあります。

保存時にパスワードをかける

パスワードをかける方法

名前をつけて保存から全般オプションを開く

パワーポイントを開き、【ファイル】タブから【名前をつけて保存】を開きます。
【参照】をクリックして、パワーポイントの保存先を選択する画面に移動します。

保存先の選択画面に、【ツール】という項目があるので、その中にある【全般オプション】をクリックしてください。

 

読み取りパスワードと書き取りパスワードを入力する

開く時のパスワードを設定したい場合は【読み取りパスワード】を、編集する時のパスワードを設定したい場合は【書き込みパスワード】を設定しましょう。

パスワードは片方だけ設定することもできます。(例えば、書き込みパスワードだけ設定すればパスワードを知らなくても閲覧はできます)

 

パスワードの確認をする

パスワードの設定を保存しようとすると、パスワードをもう1度入力するように求められます。
画面は読み取りパスワードですが、書き取りパスワードも設定している場合はそれぞれ再入力する必要があります。

ここで正しいパスワードを入力すると、パスワード付きのパワーポイントを保存できるようになります。

パスワード付きのファイルを開く方法

ここまでの操作で保存したパスワード付きのファイルはどのように開くのでしょうか。

パワーポイントを開いてパスワードを入力する

パスワード付きのパワーポイントファイルを開こうとすると、上の画像のようにパスワードを要求されます。

ここでは読み取りパスワードを入力しましょう。
(書き込みパスワードのみ設定している場合はこの画面は出ません)

 

書き込みパスワードを入力、もしくは読み取り専用で開く

読み取りパスワードを正しく入力すると、次は書き込みパスワードの入力画面が出てきます。

編集をしなくても良い場合は【読み取り専用】を選択しましょう。
中身をいじることはできませんが、パワーポイントを閲覧することができます。

閲覧だけでなく編集もしたい場合は、書き込みパスワードを入力しましょう。

プレゼンテーションの保護からパスワードをかける

2つ目のやり方は、パワーポイントのファイルに共通のパスワードをかける方法です。

読み取りパスワード/書き込みパスワードの区別はないので、単純にパスワードをかけたい場合はこちらのやり方を使いましょう。

パワーポイントでパスワードを使用して暗号化する

パワーポイントで【ファイル】タブを開いて、情報に移動します。

【プレゼンテーションの保護】を選択し、【パスワードを使用して暗号化】をクリックしてください。

 

パスワードを入力する

すると、パスワードの設定画面が出てくるので、パスワードを入力しましょう。
また、先ほどと同様に再入力の画面も出てくるので、再入力してください。

保存したファイルを開く際には設定したパスワードの入力が要求されます。
先述の通り、読み取りパスワード/書き込みパスワードの区別はないため、設定・入力するパスワードは1つです。

閲覧用のパスワードと編集用のパスワードを分ける場合は、先ほど紹介した全般オプションから設定をするようにしましょう。

パワーポイントでパスワードを解除する方法

次は、パスワードを設定したファイルでパスワードを解除する方法についてです。

設定時にどちらのやり方を選んだかで解除方法も変わります。

保存時にパスワードを解除する

まずは保存時にパスワードを設定していた場合です。

【ファイル】タブから【名前をつけて保存】を選択し、ツールから全般オプションを開きましょう。

パスワードを解除するためにパスワードを空白にする

ここには過去に設定したパスワードが入っているため、空白にしてOKをクリックしましょう。

このやり方で保存をし直すだけでパスワードが解除されます。

プレゼンテーションの保護からパスワードを解除する

パワーポイントの【ファイル】から【情報】に移動し、【プレゼンテーションの保護】からパスワードを設定した場合も、同様に操作を進めていきます。

【プレゼンテーションの保護】から【パスワードを使用して暗号化】をクリックします。

ドキュメントの暗号化でパスワードを空白にする

すると、先ほど設定したパスワードが出てくるため、削除して空白にしておきましょう。

あとはそのまま保存するだけでパワーポイントのパスワードが解除されます。

パスワード設定でパワーポイントのファイルを保護しよう

パワーポイントでファイルにパスワードをかける方法は2種類あります。

  • 書き込みパスワードと読み取りパスワードは別に設定できる
  • パスワードは空白にすることで解除できる

以上のことを覚えておきましょう。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!