パワーポイントでおすすめのスライドサイズと変更方法を徹底解説!

プレゼンをする際、パワーポイント(=パワポ)を画面に映しながら説明したり、印刷したものを資料として渡したりしますよね。

そこで問題になるのがスライドのサイズと縦横比です。

最新のパワーポイントでは、スライドの縦横比が自動的に16:9として設定されますが、例えばモニターやプロジェクターで映し出したときに…

パワーポイントをプロジェクターで写すと黒い線が入ってしまう

画面の比率と合わないと、このように黒いスペースが入ってしまいます。

せっかく作ったスライドも、こうなってしまうと少し見づらくなってしまい、見栄えも良くないですよね。

また、デフォルトのスライドを印刷しようとすると、

パワーポイントの印刷時に不自然な余白が入ってしまう

このように、上下に不自然な余白ができてしまいます。
印刷の際は、出力される紙が基本A4サイズである関係で、スライドとのズレが生じてしまうようです。

これらのような事態を回避するためにも、今回は「パワーポイントのサイズや縦横比を自由自在に変えるテクニック」をご紹介します。

パワーポイントのサイズや縦横比は設定で変更できる! 

スライドの縦横比を変更する

スライドを4:3に変更する

最初に紹介するのは、スライドの縦横比を4:3に変更する方法です。

以前のモニター画面の比率は4:3が主流だったこともあり、この比率はいまだに多くの場所で使われています。また、iPadを使う場合は画面比率が4:3であることから、この比率が適しています。

それではさっそく見ていきましょう。 

スライドの設定を開く

パワーポイントのスライドサイズを変更する

【デザイン】タブをクリックして、【スライドのサイズ】を選びます。

スライドの縦横比を変更する

スライドサイズを標準の4:3をクリックする

標準(4:3)を選択します。

スライドサイズを選択する

コンテンツのサイズを選択する画面が出てくる

【最大化】か【サイズに合わせて調整】かを選ぶことができます。

「最大化」と「サイズに合わせて調整」

ここから先は、スライドをすでに作成しているかそうでないかで操作が変わってきます。

最大化を選んだ場合

最大化を選んだ場合

ここで【最大化】を選ぶと、図形の大きさはそのままでスライドのサイズだけが変更されます。

サイズに合わせて調整を選んだ場合

サイズに合わせて調整を選んだ場合

一方で、【サイズに合わせて調整】を選ぶと、図形の大きさが画面に収まるように縮小されます。

どっちがおすすめ?

パワーポイント作成前であればどちらにしても支障はありませんが、既にスライドを作ってしまっている場合は【最大化】を選ぶことをオススメします。

一見、【サイズに合わせて調節】の方が収まりがよく見えますが、文字などが縮小されるため、見づらくなってしまうことがあります。実際に、先ほどの画像でも上下に不自然な余白が入ってしまっていますよね。

スライド作成後だった場合は最大化を選び、はみ出している図形や文字の位置を調節しましょう。
 

最大化後に調整したもの

最大化後にオブジェクトを調整する

OKですね。
これでサイズ比率の変更が完了しました。

スライドのサイズを印刷用に設定する

パワーポイントは4:3だけではなく、色々なサイズ、縦横比を作成できます。

配布資料として印刷するパワーポイントは、A4サイズで作ると良いとされています。

スライドをA4サイズに調整する

印刷用に資料を作る場合はA4サイズにしておくのがおすすめです。

というのも、印刷時にはA4サイズの紙に印刷がなされるため、スライドサイズをA4にしておかないと、冒頭で説明したように不自然な余白ができてしまうためです。

スライドの設定を開く

パワーポイントのスライドサイズを変更する

【デザイン】タブをクリックし、【スライドのサイズ】を選びます。 

スライドサイズを選択する

ユーザー設定のスライドのサイズをクリックする

今回は、【ユーザー設定のスライドのサイズ】をクリックしてください。

スライドのサイズ指定をする

スライドのサイズ指定を行う

すると、このような画面が開きます。
【スライドのサイズ指定】に表示されているボックスの右端をクリックします。 

A4サイズを選択

A4サイズをクリックする

様々なサイズの選択肢が出てくるので、その中から【A4】を選択します。

 
あとは先ほど同様、【最大化】か【サイズに合わせて調整】かを選ぶ画面が出ます。
すでにパワーポイントを作成した後の場合は、【最大化】を選び、はみ出した図形や文字の意図を調整するのがオススメです。

調整前後の印刷画面 

余白ができてしまう16:9のスライドサイズ
A4サイズにすると余白ができないため、見やすい
 
最大化を選択して、はみ出た図形や文字を調整しました。
※左はワイド画面(16:9)で作成した段階の印刷画面です。
印刷画面のプレビューを確認してみると、きちんとサイズがA4サイズに合うように変更されていることが分かります。
これなら、印刷用紙であるA4サイズに合わせて広々とスライドを使用できますね。

まとめ

パワーポイントは、使用用途に合わせてスライドのサイズや縦横比を調整する必要があります。

今回はその中でも良く使われる4:3のスライドと、A4サイズのスライドの設定方法を紹介してきました。
一度スライドを完成させてから縦横比を変えると、その後の調整が厄介になるので、なるべく作り始める前にスライドサイズの設定を済ませておきましょう!

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!