自分が現在使っているパワーポイントのバージョンを確認する方法

パワーポイントには様々なバージョンがあります。

Mac版は1987年、Windows版は1988年に出たのが最古のものと言われていますが、その後もPowerPoint2007だったり、PowerPoint2013だったりと新しいバージョンが次々と出ています。

最新のバージョンはPowerPoint2019ですが、現在ではPowerPoint2016も多く使われているようです。

しかし、自分が使っているバージョンが何なのか知らない人がほとんどだと思います。

そこで、今回は自分が現在使っているパワーポイントのバージョンを確認する方法を紹介していきます。

 

パワーポイントのバージョンを確認する

では、早速ですがパワーポイントのバージョンを確認していきます。

パワーポイントのバージョン確認方法

パワーポイントでファイルタブをクリックする

まずはパワーポイントを開いておき、【ファイル】タブをクリックします。

 

PowerPointのバージョン情報

【ファイル】タブ内の【アカウント】に【PowerPointのバージョン情報】という項目があります。

 

現在使用されているパワーポイントのバージョンを確認する

【PowerPointのバージョン情報】をクリックすると、PowerPointのバージョンに関する詳細を見ることができます。

私が使っているパワーポイントのバージョンは、PowerPoint2016であることがわかります。

パワーポイントのバージョンの種類

PowerPoint+○○(年)

PowerPoint2016やPowerPoint2019など、PowerPoint+年数が入っているタイプのものは、基本はバージョンがリリースされた年度を表しています。

Office2019

Office2019はOffice製品の永続ライセンスです。

一度お金を払ってしまえば追加の費用は必要なく、永続的に使い続けることができます。

Microsoft365

Microsoft365はサブスクリプション版になります。

定期的に契約を更新する必要がありますが、Office製品の最新版が出ても最新のバージョンを使い続けることができます。

パワーポイントのバージョンの違いによって起きること

パワーポイントのバージョンを確認することは重要です。

というのも、バージョンの違いによって不都合が起こる可能性があるためです。

パワーポイントが開けない可能性がある

PowerPoint2007以前のバージョンを使っているユーザーは、一部のパワーポイントのファイルを開けない可能性があります。

旧バージョンのパワーポイントでは、新バージョンのパワーポイントを開けない

というのも、パワーポイントの保存形式(=拡張子)がPowerPoint2007を境に.*pptxから.*pptに変わったため、旧バージョンのパワーポイントを使っているユーザーは、新バージョンのパワーポイントを開くことができません。

よって、パワーポイントを送信した相手から「パワーポイントが開けない!」という相談を受けた場合は、相手側にパワーポイントのバージョンを確認してもらうようにしましょう。

※自分がパワーポイントを開けなかった場合も同様です。

拡張子を指定して保存する必要がある

では、仮にバージョンの違いによってパワーポイントを開くことができなかった場合の対処法を紹介します。

パワーポイントの一般的な拡張子

パワーポイントを開くことができない理由として、拡張子が挙げられます。

PowerPoint2007以降のバージョンでは上の画像のように.pptxという拡張子が付いていますが、この形式はPowerPoint97-2003ではサポートされていないため、開くことができません。

 

パワーポイントで拡張子を変更する

そこで、PowerPoint97-2003のバージョンを使っている人もファイルを開けるようにするためには、名前をつけて保存から拡張子を指定する必要があります。

【名前をつけて保存】から【PowerPoint プレゼンテーション(*.pptx)】となっている部分をクリックします。

すると、パワーポイントでサポートされている拡張子の一覧が出てくるため、【PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション(*.ppt)】を選択しましょう。

この形式で保存することによって、PowerPoint97-2003のバージョンを使っている人もファイルを開けるようになります。

また、拡張子についてはこちらの記事でも詳しく説明しているので、お時間のある方は参照してください。

▶パワーポイントでサポートされている拡張子を徹底解説!

あわせてよみたい

パワーポイントのファイル名にくっついている「.pptx」「.ppt」という文字は拡張子と呼ばれています。これらの拡張子にはそれぞれ意味があり、使い分けをすることができます。今回は、パワーポイントにおけるそれぞれの拡張[…]

パワーポイントのバージョンは知っておくべき

パワーポイントのバージョンは、使っている自分でも意外と知らなかったりすることもあります。

特に古いバージョンのパワーポイントを使っている人にパワーポイントを送る場合、もしくは自分が使っている場合は、念のため確認しておくと良いでしょう。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!