【パワーポイント】ページ番号とスライド番号って違うの??

パワーポイントのページ数を表す語句として、「ページ番号」と「スライド番号」があります。

一般的に馴染みがあるのは「ページ番号」だと思いますが、もしかしたら、皆さんが普段使っているのは「スライド番号」のことかもしれません。

そこで、今回はページ番号とスライド番号の違いを見ていきましょう。

 

パワーポイントのページ番号とスライド番号の違い

実は、パワーポイントでプレゼンをするだけならページ番号は登場しません。

ページ番号は印刷時にのみ表示される

ページ番号とは、スライドを作成したりプレゼンしたりする際には表示されず、印刷をするときにのみ表示されます。

ページ番号とスライド番号の違いスライドの中に表示される数字も「ページ番号」と呼ばれることが多いですが、厳密には「スライド番号」といいます。

「ページ番号」とは、パワーポイントを印刷する時に、印刷用紙に表示される数字のことを表しているのです。

これらの2つは別の設定になるのでスライド番号を消すとページ番号も消えるということはありません。

スライド番号とページ番号は食い違うこともある

スライド番号とページ番号が食い違う

スライド番号はスライド毎に設定されますが、ページ番号は印刷用紙ごとに設定されます。

したがって、複数枚のスライドを1ページに印刷しようとすると、各スライドには「1,2,3,4」とスライド番号が入っていくのに対して、印刷用紙には「1」とのみ入ります。

印刷時にページ番号が邪魔になってしまう場合

パワーポイントのスライド内にスライド番号を入れる場合、印刷用紙にはページ番号が必要ないかもしれません。

しかし、パワーポイントの印刷設定では、デフォルトでページ番号が印刷される設定になっています。

こちらの記事で、印刷時にページ番号の表記を消す方法を紹介しているので、ページ番号が邪魔だな~という方は確認しておきましょう。

▶パワーポイントの印刷時にページ番号の表記を消す方法

あわせてよみたい

スライドを印刷すると、スライドの左下に自動的に「ページ番号」が挿入されます。この「ページ番号」、スライドの右下に表示されるページ番号とは似て非なる存在です。印刷するときにだけ急に現れるため、「どう設定したらいいか分か[…]

ページ番号とスライド番号は別物!

パワーポイントにおけるページ番号とスライド番号の違いを知っている人はおそらく全体の1%もいません。

おそらく知っていてもあまりいいことはないかもしれませんが(笑)、複数枚のスライドをまとめて1ページに印刷する場合は設定を変更する必要もあるので、覚えておきましょう。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめコンテンツ

「パワーポイントを作るのに時間がかかってしまう…」「資料の見栄えに自信がない…」

など、パワーポイントを作成する時に悩むことはありませんか?

本サイトのオリジナルテンプレートを使うと、見栄えの良いデザインの資料を簡単に作ることができます。

テンプレートに加えて、説明書&使用例もついているので、パワポがあまり得意ではない方にとっても使いやすくなっています!

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!