パワーポイントで複数のファイルを結合する方法

パワーポイントを分担して作ったり、複数のファイルに分けて作ったりすることは少なくありません。

その場合、最後にはそれぞれのファイルを結合させて1つのパワーポイントを完成させる必要があります。

そこで、今回は複数のパワーポイントのファイルを結合させる方法を紹介します。

スライドの再利用でパワーポイントを結合する

パワーポイントの結合方法

パワーポイントを結合させる方法はいくつかありますが、一番簡単なのはスライドの再利用という機能を使うことです。

スライドの再利用の説明画像

現在開いているパワーポイントに、ある特定のパワーポイントのスライドを挿入したいというシーンを想定しましょう。

【ホーム】タブの中にある【スライド】から、【スライドの再利用】を選択しましょう。(【挿入】タブにも【スライドの再利用】はあるので、どちらから選んでいただいてもOKです。)

再利用するパワーポイントを選ぶ画面

結合したいパワーポイントのファイルを選びましょう。

おすすめのPowerPointの中に目的のパワーポイントがあれば【コンテンツの選択】を、なければ【参照】から選択しましょう。

参照したパワーポイントのスライド一覧

すると、選択したパワーポイントに入っているスライドの一覧が出てきます。

ここから先は、目的によって操作の方法が変わってきます。

ファイル内のスライド全てを結合させる場合

まずは、結合する側のパワーポイントのスライドを全て挿入したい場合です。

参照したパワーポイントのスライドを全て結合する

【すべて挿入】を選択すると、選択中のスライドの後ろに全てのスライドが挿入されます。

つまり、現在開いているパワーポイントの後ろに新しくパワーポイントを結合させたい場合は、一番最後のスライドを選択してから【すべて挿入】を選べば良いということになります。

ファイル内の一部のスライドだけ結合させる場合

また、全てのスライドではなく、スライドの一部だけを結合したい場合はやり方が異なってきます。

パワーポイントの一部のスライドのみを結合させる

このやり方では、1枚ずつスライドを選んで結合させることになります。

結合したいパワーポイントのスライドの右下にある、【スライドの挿入】というコマンドを選択しましょう。

一部のスライドだけ挿入された

すると、元のパワーポイントで選択されていたスライドの後ろに、【スライドの挿入】を選択したスライドが結合されます。

コピペで結合させるのは注意が必要

わざわざスライドの再利用なんかしなくても、パワーポイントを両方開いてコピーアンドペースト(俗にいうコピペ)すればいいよね?と思う方も多くいると思います。

実際にその通りで、結合させたいスライドをコピーして、元のパワーポイントの任意の場所に貼り付ける方法でも結合はできます。

しかし、その場合も注意点があり、そこを理解せずにコピペをするのは危険です。

テーマの設定が反映されてしまう

コピーアンドペーストをする注意点としては、テーマの設定が反映されてしまうことが挙げられます。

元のパワーポイント
結合するパワーポイント

例えばですが、赤文字のパワーポイント(2枚目)を、元の緑文字のパワーポイント(1枚目)にコピペによって結合しようと思います。

コピペは、スライドを選択して【Ctrl+C】→貼り付け先で【Ctrl+V】ですね。

コピペすると色が変わってしまう画像

あれ、なぜか赤文字だったスライドが緑文字になってしまいました。

これは、結合をする時に、スライドマスターという設定の中の配色パターン(=テーマの色)が変わってしまったためです。

パワーポイントのテーマの色の違い

今回は2つのパワーポイントのテーマの色がそれぞれ異なっており、貼り付け先の設定が適用されてしまうため、色が変わってしまうのです。

元の書式を保持して貼り付けよう

実はテーマの色の設定方法を変えることもできるのですが、今回はそれは置いておいて、とりあえず元の書式のまま結合をさせる方法を紹介していきます。

先ほどは【Ctrl+C】→【Ctrl+V】で貼り付けをしたと思いますが、元の書式を保持して貼り付けることによってテーマの色に影響されず、元々の色を保つことができます。

元の書式を保持して貼り付け

【Ctrl+C】までは同じ操作ですが、貼り付ける際にショートカットキーではなく右クリックをしてください。

すると、貼り付けのオプションが出てくるので、【元の書式を保持】を選択しましょう。

元の書式を保持してコピペする

すると、赤文字のままスライドが結合されました。

スライドの再利用の時もオプションがある

スライドの再利用で元の書式を保持する

ちなみに、先ほど紹介したスライドの再利用による結合に際にも、元の書式を保持するかどうかの選択肢が出ます。

それぞれのパワーポイントの設定を確認してから結合させるようにしましょう。

パワーポイントを自由に結合しよう

パワーポイントはファイルを複数作ることができるので、複数のファイルの内容を結合させる機会は多いです。

テーマの色設定など、ファイルごとに設定が異なる場合は注意が必要なので、しっかりとやり方を覚えておきましょう。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!