パワポの最強カスタマイズ、クイックアクセスツールバーを使いこなす

パワーポイント(=パワポ)を作る時に、クイックアクセスツールバーを使ったことはありますか?

答えが「NO」の場合、絶対に最後までこの記事を読んでください。

クイックアクセスツールバーを使いこなせると、これまで5時間かかっていたパワーポイントの作業を4時間で完成させることができます。(あくまで体感ですが、便利なのは確かです)

設定も10分あれば出来るので、是非お試しください。
パワーポイントを開いて、操作をしながら読んでもらえるとカスタマイズも完了させることができます。

クイックアクセスツールバーを使うメリット

皆さんは普段パワーポイントを作るときに、
テキストボックスを作るために挿入タブに移動し、文字や図形に動きを付けるためにアニメーションタブに移動したりと、しょっちゅうタブを移動して操作をしていると思います。

でも、これって面倒じゃありませんか?

クイックアクセスツールバーを設定すると、あなたがパワーポイントを使う時に良く行う操作を、どのタブにいても実行することができるのです!

実際に具体例でみていきましょう。
これからあなたは、

① 円の図形を入れて
② 図形の色を水色にして
③ 中に「パワーポイント大学」という文字を入れて
④ フォントサイズと色を変更したい

という状況を考えていきます。

パワーポイント画面を見ていきましょう。

クイックアクセスツールバーを使わない場合

まずはクイックアクセスツールバーを使わないパターンからです。

図形を挿入する

パワーポイントで図形を挿入する

まずは挿入タブから【図形】を選択し、円を選んでスライドに挿入します。すると自動的に図形の書式タブに移動してくれます。

図形の色を変える

パワーポイントで図形の色を変更する

次にしたい作業は図形の色を水色に変えることだったので、そのまま【図形のスタイル】→【図形の塗りつぶし】から水色を選択します。

文字を入力する

パワーポイントで円の中に文字を入れる

そして中に文字を入れるために、円をダブルクリックして、「パワポ大学」と文字を入れていきます。

フォントの設定をする

パワーポイントでフォントの設定をする

さて、ここで問題が発生します。
パワーポイントでフォントの大きさと色を変更するためには、一度図形の書式タブからホームタブに戻る必要があります。(他にも文字を選択する方法がありますが。。)

これだけならば
「え、1回タブを移動するだけでしょ?」と思うかもしれません。
しかし、途中でやっぱり図形の色は黄色が良かった!となった場合はどうでしょう。また図形の書式タブに移動して、図形の塗りつぶしを行うはずです。

実際、パワーポイントを使っていて、やっぱり○○をしたい!となる機会は多く、かなりの頻度でタブの移動を行っています。

今回紹介するクイックアクセスツールバーを設定することで、パワーポイントにおけるそういった「やっぱり○○をしたい!」を、タブの移動なしでできるようになります!!

クイックアクセスツールバーを使った場合

では、クイックアクセスツールバーの設定をしてある場合、どうなるか見ていきましょう。

私が設定しているクイックアクセスツールバー

クイックアクセスツールバーが設定されているパワーポイント

これは私がカスタマイズしたクイックアクセスツールバーです。
これで先ほどと同じものを作ってみましょう。

図形の挿入

クイックアクセスツールバーを使って図形を挿入する

図形というコマンドを設定してあるので、このアイコンをクリックすると図形の選択画面が出てきます。そこで円を選択して挿入しましょう。
クイックアクセスツールバーに設定しておくと、挿入タブに移動しなくても図形の挿入ができます。

図形の色を変える

クイックアクセスツールバーを使って図形の色を変える

図形の塗りつぶしというコマンドを設定してあるので、アイコンをクリックして円を水色に塗りつぶします。 

文字を入力する

パワーポイントで文字を入力する

円をダブルクリックして「パワポ大学」と文字を入れます。

フォントの設定をする

クイックアクセスツールバーを使ってフォントを変更する

クイックアクセスツールバーからフォントの各種設定を行います。
そして、先ほどはここでフォントの大きさを色を変更するためにホームタブに移動しましたが、今回はクイックアクセスツールバーにフォントサイズの拡大/縮小フォントの色というコマンドを設定してあるため、文字の大きさや色をタブの移動をせずに変更することができます。

作業1つで考えると大きな時短とは言えないかもしれませんが、ほぼすべての操作はクイックアクセスツールバーから行うことができるので、全体としてみると作業効率はかなり上がります。

 

クイックアクセスツールバーの使い方

パワーポイントでのクイックアクセスツールバーの便利さは理解していただけたと思うので、ここからはその使い方を紹介していきます。

クイックアクセスツールバーの設定方法

まずは設定方法からです。

クイックアクセスツールバーを見やすいところに置く

クイックアクセスツールバーの位置を変更する

クイックアクセスツールバーは初期設定ではパワーポイントの上の狭い部分にあります。ここでは見づらいので、【リボンの下に表示】をクリックしてください。

クイックアクセスツールバーの編集画面に移動する

クイックアクセスツールバーでその他のコマンドを選択する

画像のようにリボンの下にツールバーが移動したので、次はユーザー設定からその他のコマンドをクリックしましょう。

好きなコマンドを登録する

クイックアクセスツールバーにコマンドを追加する

クイックアクセスツールバーのカスタマイズ画面が出てくるので、自分がパワーポイントを作る時によく使うコマンドを入れていきましょう。

コマンドの場所

クイックアクセスツールバーでコマンドの種類を選択する

コマンドの選択からタブの種類を選択できます。
例えば、フォントの設定はホームタブから行うものなので、[ホーム]タブを選択すると、候補の中にフォントに関するコマンドが出てきます。

コマンドを選択して追加をするとクイックアクセスツールバーにそのコマンドが追加されます。

やっぱり必要ないなと思ったら削除をすれば大丈夫です。

おすすめのカスタマイズ

とはいえ、パワーポイントを普段あまり触らない方からすると、

どのコマンドがどこにあるかわからない!おすすめを知りたい!となると思います。

そこで、私が普段、パワーポイント作成で使っているクイックアクセスツールバーを紹介させていただきます。
個人的にこのカスタマイズが初心者から上級者まで使いやすいものとなっていると思うので、是非そのまま使ってみてください!
 
 

クイックアクセスツールバーのおすすめカスタマイズ

 
こちらが私の使っているクイックアクセスツールバーになります。
どのタブに入っているかを書いておいたので、カスタマイズ画面に移動して、コマンドの選択からタブの種類を選択して、以下のコマンドを探して追加してみてください。

まとめ

クイックアクセスツールバーを設定するとコマンドがわかりやすくなるだけでなく、パワーポイントの効率が圧倒的に高まります。

10分の設定で今後のパワーポイントを快適にしましょう!!

前の記事

皆さんは、パワーポイント(=パワポ)のスライドにページ番号をつける意味はあると思いますか?多くの人が「無くてもいいんじゃない…?」と感じているのではないでしょうか。しかし、ページ番号を付けずにプレゼンをしていると、こんな場面に出くわ[…]

次の記事

職場や学校などで、自己紹介をする機会は必ずあります。しかし、昨今オンラインでのコミュニケーションの機会が増えており、Zoomなどのツールを用いて自己紹介をすることも珍しくありません。そんな中、「パワーポイントで自己紹介を作ってき[…]

おすすめコンテンツ

「パワーポイントを作るのに時間がかかってしまう…」「資料の見栄えに自信がない…」

など、パワーポイントを作成する時に悩むことはありませんか?

本サイトのオリジナルテンプレートを使うと、見栄えの良いデザインの資料を簡単に作ることができます。

テンプレートに加えて、説明書&使用例もついているので、パワポがあまり得意ではない方にとっても使いやすくなっています!

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!