パワーポイントで文字を縦書きにする方法まとめ

世の中のプレゼン資料は横書きが基本です。よって、パワーポイントの機能も基本的には横書きのテキストボックスを生成するように作られています。

しかし、形式上どうしても縦書きを使いたくなることもあるのではないでしょうか?

今回は、パワーポイントで縦書きのテキストボックスを使用する方法を解説していきます。

 

新しく縦書きの文字を入れる方法

ここからは、縦書きを使いたい「シーン」に応じて、どのようにすれば縦書きのテキストボックスが入るのかを見ていきましょう。

まずは、すでに文字が書かれているものではなく、新しくテキストボックスを作る場合です。

縦書きテキストボックスを選ぶ

挿入タブからテキストボックスを選ぶ

上の図のように、【挿入】タブの【テキストボックス】を選択します。
ここで要注意なのですが、テキストボックスを選択する時には【∨】のマークがついている下半分を選択するようにしましょう。
というのも、上半分を選択してしまうと、今は「横書きテキストボックス」の状態になってしまっているため、自動的に横書き用のテキストボックスが挿入されてしまいます。
今回はテキストボックスの向きを指定するため、下半分をクリックするようにしましょう。

 

縦書きテキストボックスを選択する
テキストボックスの下半分を選択すると、テキストボックスの形式を選べるようになるので、【縦書きテキストボックス】を選択します。

 

文字が縦書きで入るようになる
すると、テキストボックスが出てきます。あとは書き込むだけで文字が下方向に伸びてくれる(縦書きになる)ので、文字を入れていきましょう。新しくテキストボックスを作成する場合はこの流れでOKです。

縦書きを使っていたが横書きに戻したい

パワーポイントの一部に縦書きを用いたあとに、やっぱり横書きに戻したい!という場合は、もう1度テキストボックスの形式を指定する必要があります。

縦書き時と横書き時のテキストボックスのアイコンの違い

というのも、テキストボックスは一度縦書きにすると、次にテキストボックスの上半分をクリックした時に前回の設定を引き継いでしまうためです。

一度縦書きのテキストボックスを使った後は、もう1度横書きのテキストボックスを指定し直さないといけません。

クイックアクセスツールバーに登録しておく

「縦書きも横書きも両方使いたい!1回1回設定し直したくない!」という方は、クイックアクセスツールバーを設定しておくと便利です。

クイックアクセスツールバーに縦書きテキストボックスを登録する

【挿入】タブの中に「横書きテキストボックスの描画」と「縦書きテキストボックスの描画」の2つがそれぞれ用意されているので、登録をしておけばタブ移動や設定を変える必要がなくなりますね。

ちなみにクイックアクセスツールバーの使い方を知らなかった方は、とても便利な機能なのでこれを機に使ってみてください。

徹底解説

パワーポイント(=パワポ)を作る時に、クイックアクセスツールバーを使ったことはありますか?答えが「NO」の場合、絶対に最後までこの記事を読んでください。クイックアクセスツールバーを使いこなせると、これまで5時間かかっていたパワー[…]

↑こちらで使い方の解説をしています。(別のタブが開きます)

横書きテキストボックスを縦書きに変更する方法

先ほどは、新しくテキストボックスを挿入する場合を想定していましたが、次はもともと文字が入っているテキストボックスやプレースホルダーを縦書きに変更する方法を紹介します。

横書きを縦書きに変更する

新しくテキストボックスを挿入した時は、テキストボックスの設定をあらかじめこちらで設定できましたが、今回はすでに横書きの設定になっているテキストボックスを縦書きに変更する必要があります。

 

文字列の変更をする

テキストボックスを選択し、【ホーム】タブから【段落】→【文字列の変更】→【縦書き】の順に選択していきます。

 

縦書きにはなっているが、縦幅が足りず改行されている
すると、このように謎の文字列が完成してしまいます。ここで焦って縦書きを諦めた方もいるのではないでしょうか?
でも大丈夫です。
これは、文字列はすでに縦書きに変更出来ているのですが、テキストボックスの縦幅が1文字分しかないため、2文字目以降が次の行に改行されてしまっているだけです。(右から左に読むと「パワポ大学 やっすん」になっていますね)

 

テキストボックスを縦に伸ばす
縦書きのテキストボックスに文字が入りきった

つまり、テキストボックスの縦幅を伸ばしてあげると、上の画像のように1行に文字が入りきるようになります。

 

数字が縦書きにならない時の対処法

半角数字が横向きにならない

最後に、半角の英数字を用いた時に良く困るパターンの対処法を紹介します。

半角の英数字を縦書きにしたときは、英語は初めから右に90°傾いた状態で表示されるのですが、数字はされません。よって、「PowerPoint.univ2021」を縦書きで表示しようとしても上の画像のようになってしまいます。

 

文字列を右に90°回転させる

テキストボックスを選択した状態で、【ホーム】タブから【段落】→【文字列の変更】→【右へ90度回転】の順に選択しましょう。

 

半角の数字が横向きになった
これで完成です。

パワーポイントの縦書きを使いこなそう

以上、パワーポイントで縦書きのテキストボックスを使う方法を紹介してきました。

横書きのテキストボックスと比べると使用頻度は多くないとは思いますが、使い方をマスターしておくと縦書きを使いたくなった時に便利です。

では、また別の記事でお会いしましょう。

おすすめ記事

▶見るだけでパワーポイントが上達する「パワポの教科書」

パワポ初心者必見

はじめまして、パワポ大学のやっすんです! PowerPoint(=パワーポイント,パワポ)は、Microsoftのofficeで提供されているプレゼンテーションの資料作成・補助ツールで、世界中で幅広く使われています。この記事を見てい[…]

記事の更新やお役立ち情報をお知らせ!